効果がない美白化粧品と理由【顔全体美白ならハイドロキノン】

 

美白化粧品といっても、星の数ほど多くの商品が現在ではあります。そのほとんどが、実際に肌を白くするための効果が弱いものばかりです。その理由は成分にあります。美白するための成分の量が少なかったり、本来美白力が弱いものなので、肌が白くなるのを実感できません。

 

このサイトでは、美白効果が高く安全性の高いハイドロキノンクリームをおすすめしています。

 

これまでに、いろいろな美白化粧品を使ってきたけど、どれもこれも肌が白くなる実感がなかった・・・。こんな経験をしてきた女性は、一度おすすめのハイドロキノンクリームを試してみてください。

 

いちばんオススメのハイドロキノンクリームはこちら⇒

 

 

ターンオーバーの正常化VSハイドロキノンの顔全体美白 【どっちが効果的?】

 

和漢エキスでの美白効果は時間がかかる⇒効果が分からない

 

和漢エキスの中で代表的なものに、「ハトムギ」があります。ヨクイニンエキスとも呼ばれるものですが、肌のターンオーバーを正常化するのに役立つそうです。CMなどでも有名な雪肌精は、美白化粧水の中に和漢エキスが含まれています。

 

ターンオーバーを正常化して、過剰に発生したメラニンの排出を促すことで美白につながる。これが和漢エキスが含まれている美白化粧品の効果です。でもこれは、直接メラニンに作用する訳ではないので、いつまでたってもメラニンが排出されずに、美白効果を感じられないという結果につながりやすいです。

 

肌を白くしている効果は、顕微鏡で確認すれば分かるレベルかもしれませんが、自分の目で見てもそれがはっきりと分からない。それがターンオーバーによるメラニン排出型の美白化粧品の弱点です。
対してハイドロキノンはメラニン細胞に調節アプローチし、その働きを抑えるので、美白効果を早くに感じやすいです。

 

プラセンタの美白効果VSハイドロキノンでの顔全体美白

 

「今話題のプラセンタにも美白効果があるんだ!さっそく試してみよう。」

 

プラセンタを美白成分として前面に押し出して、美白化粧品として販売しているメーカーも多くあります。プラセンタは、比較的新しい美容成分なので、話題性だけでプラセンタの効果を期待してしまいますよね。

 

しかし、プラセンタの美白効果はとても弱いです。ハイドロキノンと比較するとその作用は10分の1以下と考えられています。プラセンタはどちらかというと、肌の保湿であったりハリを取り戻すための成分です。サイズもも大きい美容成分なので、際立った効果は感じにくい成分のひとつと言えるでしょう。

 

参考記事 顔全体用にも副作用少なく使えるハイドロキノンついて

 

 

 

ハイドロキノン以外の化粧品では顔全体への美白効果が実感できない理由

 

ハイドロキノンよりもメラニンにアプローチできる美白成分ではない

 

「これまでに、いろいろな美白化粧品を試してきたけど、肌が白くなんてならなかった。」

 

こんな不満を持っている女性も多いはずです。日焼けして肌が黒くなったり、シミができるのはメラニンが過剰に集まってしまうのが原因。ハイドロキノン以外の美白成分は、メラニンに直接アプローチするような成分が少ない。あるいはその効力が弱いために、イマイチ美白できないという問題があります。

 

 

余計な成分が多すぎ!ハイドロキノンほどの美白効果が感じられない

 

オールインワンタイプと呼ばれる美白化粧品に多いのが、「余計な成分が多すぎ」ということです。

 

メーカーさんとしては、「いい成分がいろいろ入っている方が、魅力に感じてもらえるだろう。」という思惑で、良さそうないろいろな成分を入れます。

 

でも、種類が多くても、美白効果を感じられるだけの量が入っている訳ではないので、効果を感じることはできません。今回紹介しているハイドロキノンのように、しっかりとした成分が入っているものを選ぶ方が、美白効果は感じやすいです。

 

顔全体美白に最適!
低刺激で高い美白効果のあるハイドロキノンはこちら⇒