[顔全体にハイドロキノン]副作用が強いトレチノイン、高濃度ハイドロキノン、モノベンゾン

 

美白効果,ハイドロキノン

 

顔全体美白を早くしたいがために、漂白作用が強すぎる成分を使って失敗してしまう女性が増えています。

 

現在は、簡単にそれらの危険な医薬品を手に入れられるのですが、安易に使ってしまうのは本当に危険です。

 

考えてもいなかったような重篤な副作用が出てしまう可能性もあります。ここではそんな危険な医薬品について中心に解説しています。

 

 

ハイドロキノン&トレチノインを顔全体の美白として塗るのは副作用があり危険!

 

「ハイドロキノン・トレチノイン療法」は、シミなどの濃い部分を白くすることができるとして人気になっています。高い濃度のハイドロキノンとトレチノインを使うことで、シミソバカスをなくすことができたという女性もいるようです。でも、この方法で顔全体にトレチノインと高い濃度のハイドロキノンを塗ってしまうのは危険が伴います。

 

初期の段階では肌の赤みが発生、さらにはターンオーバーが早まることで皮剥けなども生じてしまいます。その間、誰にも会えないという状態にまで悪化してしまうことすらあるのです。

 

美白効果が目に見えて感じられないからといって、強い作用のトレチノインを使ってしまうのは止めましょう。リスクが大きすぎますよ。

 

ハイドロキノン+トレチノインクリームを顔全体に塗る[体験者の口コミ]

 

皮剥けでピリピリした刺激が強い

 

 

 

 

 

モノベンゾンクリームでの顔全体美白は白斑などの副作用の危険がある

 

モノベンゾン副作用

 

モノベンゾンクリームは、ハイドロキノンよりも強力な漂白作用があると知られています。その力は、シミなどの原因となるメラニンを破壊してしまうというものです。「ハイドロキノンは、メラニンの働きを抑制する」という作用なのに対して、恐ろしいまでに強力な漂白作用を持つのがモノベンゾンなんです。

 

上の図のように、海外の医薬品輸入サイトなどで手に入れることも出来てしまいます。しかし日本では認可されていない薬剤なので、何かあった時の対処法も難しいです。

 

そんな強すぎる薬のモノベンゾンを利用して、肌を白くしようと考えてしまう女性もいます。この薬を顔全体に塗ってしまうと、部分部分だけが白くなってしまい、まだらのような状態になってしまう危険があるんです。

 

本来は美白美人になりたいはずが、外に出られないほどに皮膚が白く変色してしまうことも十分あり得ますので、安易に使用するのは絶対に止めてください。具体的には下のような副作用の心配があります。

 

モノベンゾンクリームの副作用その1.白斑 肌の脱色で色が大きく変わってしまう

 

モノベンゾンクリームの強力な漂白力は、メラニン細胞そのものを破壊してしまうので、イメージしている姿とは大きく変わってしまう恐れがあります。その漂白力は、黒人の人が真っ白に変わってしまうほどに強力なものです。

 

アメリカのスーパースター、マイケルジャクソンさんはもともと黒人ですが、亡くなる数年前は肌が真っ白になっていた姿を覚えている人も多いですよね。そんなマイケルジャクソンさんが使っていた薬もモノベンゾンであったという噂があるんです。正確には分からないですが、漂白している箇所ともともとの肌の色との差が激しかったところからそのように言われています。

 

モノベンゾンクリームの副作用その2.紫外線に極度に弱くなる

 

肌が完全に脱色されることは、メラニン細胞が破壊されていることを意味しています。メラニン細胞がないということは、紫外線に極端に弱くなってしまうんです。メラニンはシミや日焼けなどで肌を黒くするのですが、それは体を外部の刺激から守るための防御反応。

 

メラニンが完全に無くなってしまうことで、紫外線から皮膚内部が守られないため、DNAが損傷してしまいます。DNAが損傷することは、細胞ががん化することにもつながるのです。キレイになりたかったはずが、命まで脅かされるという事態にまで発展してしまう可能性があります。

 

モノベンゾンクリームの副作用その3.脱色した部位の色が元に戻らない

 

漂白作用が強すぎるモノベンゾンですが、恐ろしいポイントとして、一度脱色されてしまった部位の色は元に戻らないということです。見た目には斑(まだら)のようになった状態になってしまうことも多いので、見た目の違和感からすべての肌の色を脱色せねばならない・・・ということになってしまいます。

 

メラニン細胞が完全に消失しているので、範囲が広い場合、皮膚がんのリスクも高まります。紫外線を極力浴びないような生活を強いられる恐れもあります。

 

 

【海外医薬品の通販の10%の高濃度ハイドロキノン】顔全体美白と副作用

 

「濃度が高いハイドロキノンの方が効果が高いんじゃないの?」

 

同じく海外での医薬品輸入代行サイトで買うことのできる高い濃度のハイドロキノンも、顔全体美白として安易に塗ってしまうのはおすすめできません。

 

アメリカではハイドロキノンを化粧品などへ配合できる濃度として、2%より小さい値と定められています。それ以上の濃度になると、刺激や副作用などの心配があるとして、医師からの処方箋が必要なんです。

 

日本ではまだ濃度の規制はないので、安易に10%などの高い濃度のハイドロキノンを使って副作用が起こってしまう可能性が高いんです。

 

確かに、高い濃度のものを使った方が、シミやそばかすなどへの効果が期待できるのは事実です。事実ですがそれと共にリスクも高いことを覚えておきましょう。

 

もし仮に高濃度のものを使うとしても、スポット的に少量使うにとどめておき、事前に腕などの皮膚でパッチテストを必ずしておくことをオススメします。

 

日本で手に入る最高濃度のハイドロキノンは?

 

通販などで簡単にハイドロキノンは手に入れることができます。楽天やアマゾンなどでも10%までの濃度のものなら、ちょっと検索すれば見つけることができます。

 

それ以上に高い濃度となると、皮膚科などへ受診してお医者さんの許可をもらってからになりそうです。皮膚科によっては最高で30%ものハイドロキノンを処方している所もあるようです。

 

しかし、上記で説明している通り、顔全体の美白で使うのには危険が大きすぎますし、お医者さんでの治療は、シミやそばかすなどの濃い色素沈着に対応するものです。

 

肌全体を色白にする。透明感を出すなどの目的では、スキンケアアイテム用に調整されているのがいいですね。

 

 

漂白作用が強すぎる成分を使って顔全体美白を失敗した人たちの体験談

 

モノベンゾンは副作用でまだら状に肌の色が抜け落ちてくるのが怖いです・・・。

モノベンゾンクリーム

narumiさん 25歳/女性
肌質:普通肌
使用した美白アイテム:モノベンゾンクリーム
評価★★★☆☆

 

モノベンゾンで肌を白くできるかも?という期待を抱いて購入してみました。輸入代行サイトの口コミを見ると、塗っている人で副作用を感じているなどの声が少なかったから、このクリームなら大乗ぬなのかも?と思ってしまったのが間違いでした。

 

最初は腕などに塗って少しずつ試していたのですが、顔に広く塗ったところ3日ほどでものすごい顔の痛み、赤みを感じたので使うのを中止。部分部分の赤みが最初は消えなかったのですが、それが引くと同時に塗った部分だけ色が薄くなってきてしまったのです。皮膚科に行っても、もう元に戻る可能性は低いということで二度と使わないようにと怒られてしまいました。

 

モノベンゾンは、黒人の人でも毎日塗っていると不自然な白色になってしまう劇薬です。しかも、紫外線に当たると皮膚がんを起こす確率も高くなるので、日にあたれない生活になってしまうのも怖いところです。不幸中の幸いだったんですが、私の肌は使い続けなかったことで色が少し元に戻り不自然な感じが和らぎました。

 

もしモノベンゾンで肌を白くしたいと考えている女性がいたら、本当に危ないので使わない方がいいです!><

 

安全に顔全体美白なら副作用なし・ほどよい濃度のハイドロキノンクリーム

 

安全に顔全体を美白するなら、上のような強力な薬を用いなくてもスキンケアで実現することができます。その方法が、ほどよく濃度が調整されたハイドロキノンを使うというものです。ハイドロキノンは1%〜10%の濃度のものが現在手に入れることができます。

 

美白効果を実感でき、なおかつスキンケア感覚で使えるのが約2%の濃度に調整されたハイドロキノンクリームです。下記のページでは、顔全体の美白をするのにはどんなハイドロキノンがいいのか?ということに関して書いていますので、合わせて参考にしてください。

 

参考記事 顔全体美白に最適なハイドロキノンクリームを厳選紹介

 

 

 

 

関連記事