ハイドロキノンで顔全体美白!顔全体に塗る&副作用がないクリームを厳選

 

「ハイドロキノンなら、顔全体を美白できるって本当??」
「色黒のわたしでも本当に効果が実感できるのか心配・・・」
「ハイドロキノンは副作用があって刺激が強いって聞いたんだけど?」

 

しかし、副作用の少ないハイドロキノンなら顔全体に透明感のある色白肌になることができます。

 

美白化粧品が星の数ほどありますが本当に顔全体を白くできる本物のアイテムはひとにぎり。

 

このページを見ているあなたは、効果の感じられない美白化粧品に手を出すことなく、しっかりと美白効果を実感できるハイドロキノンを選んでください。

 

 

一番おすすめのハイドロキノンはこちら⇒

 

 

【顔全体に使えるハイドロキノン】副作用が少ない&美白効果の高いアイテムの選び方

 

ハイドロキノンを美白目的で使う時に大事なのが、その使い方とどのハイドロキノンを選ぶか?ということです。ハイドロキノンは高い美白効果がある反面、単体で見ると刺激が強いのも事実です。

 

しかし、最近では顔全体での美白対策にも使いやすいよう低い配合率のハイドロキノンで副作用の心配が少ないものも増えてきました。具体的には下の3つのポイントを守って使えば効果を得やすく、肌荒れなどの状態にもならずに美白することができます。

 

低濃度で顔全体に塗っても副作用が少ないハイドロキノン

 

ハイドロキノンといっても、様々な濃度のものがあります。部分的なシミなどの場合でしたら、濃度の高いものでもいいんですが、顔全体となると話は別です。

 

濃度の高いものは肌に刺激が強いものが多いので、顔全体に塗ると肌荒れしてしまうこともあります。そのため、全顔に塗るハイドロキノンは2%などの低い濃度のものを選ぶことが大切です。こちらのページでおすすめしているハイドロキノンの濃度は、2%までと刺激の少ないものです。例えば敏感肌の女性などでも、肌荒れなどを感じることなく美白ケアを出来ている人が多いです。

 

海外の医薬品のハイドロキノンは10%と配合率が高い

 

日本では個人で海外の医薬品などを気軽に購入することができるようになりました。ネットの個人輸入代行サービスなどがその例ですが、そこには配合率が高く濃度が高い反面、白斑などの怖い副作用があるものも多いです。早く美白をしたいからといって、そういったハイドロキノンを選ばないようにしましょう。

 

浸透しやすいハイドロキノンを選ぶ

 

肌に浸透しやすいということは、肌を黒く見せたりシミや色素沈着の原因であるメラニンにしっかり作用するということです。しかし、それだけではなく浸透性が高いハイドロキノンは、刺激も少ないことが分かっています。

 

なぜかというと、肌の表面に浸透しないハイドロキノンがいつまでも残っていると、酸化などの影響で違う物質に変わります。その酸化後の変化したハイドロキノンが肌に副作用として刺激を与えてしまうんです。

 

浸透性の高いハイドロキノンを選ぶことは、副作用も少なく安全に使えるということですね。

 

条件を満たしたハイドロキノンはこちら⇒

 

 

【顔全体に塗るハイドロキノン】美白化粧品の条件を比較

 

 

 

ビーグレン

ビーグレン

 

ビーグレン

アンプルール

 

ビーグレン

オバジHQ

顔全体への使用 ×(スポット使用のみ) ×(スポット使用のみ)
トライアル ×
ハイドロキノン安定性 極小カプセル化で安定 安定型仕様 安定型仕様
肌への浸透性 高い浸透技術あり
公式サイトへ

詳細へ

詳細へ

詳細へ

 

 

スキンケア用として日本では上の3種類のハイドロキノン美容液、クリームが人気です。しかし、アンプルールとオバジHQの2種類は、顔全体への塗布が推奨されている訳ではありません。

 

顔全体美白をするうえで条件を満たしているのは、ビーグレンのハイドロキノンクリームになります。低刺激かつ高い浸透技術が、美白効果を実感しやすく副作用の心配がないということに繋がっています。

 

人気のハイドロキノン。顔全体の美白にも使えるアイテムはどれ

 

スキンケア用に低い配合率に抑えられているハイドロキノンですが、すべてが顔全体用としておすすめされている訳ではありません。各アイテムについて簡単に説明しているので参考にしてください。

 

ビーグレン・ホワイトクリーム

 

ビーグレンホワイトクリーム

 

私も使い続けているのがビーグレンのハイドロキノンクリームです。一番におすすめできる理由が、低刺激でありながら美白効果が高いということ!ビーグレン独自の浸透技術が優れているのが分かります。

 

クリームタイプなので、どのくらい肌に塗ったのかも把握しやすいところもポイント高いです。トライアルセットで、使用感や実際の効果を確かめられるので、まずは自分の肌合うか合わないか?チェックしてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

ビーグレンのトライアルセットはこちらから⇒

 

ビーグレンの口コミ・詳細を見る⇒

 

アンプルール・コンセントレートHQ

 

アンプルール

 

ハイドロキノン化粧品の中では、知名度の高い「アンプール」のコンセントレートHQ。ビーグレンと同じくトライアルセットが用意されているので、本体商品を買う前から自分の肌でのチェックが可能です。

 

基本的にコンセントレートHQは、シミやニキビの色素沈着などのスポット用であることと、美容液タイプなのでどの程度塗っているのかが分かりにくいというところがあります。ハイドロキノンとしての美白効果については、ビーグレンと比較して劣っている訳ではありません。

 

美白効果は高いですが、顔全体への使用は推奨していません。

 

オバジHQ

 

ロート製薬のブランド「オバジ」から販売されているハイドロキノン美容液です。アンプルールなどと同じく、安定型のハイドロキノンを配合しています。製薬企業のハイドロキノンなので、信頼度が高いところや、オバジブランドの他の美容液なども評価が高いことから、シミなどのケア用に使っている人は多いですね。

 

しかし、アンプルールと同じく顔全体への使用は推奨されていません。

 

オバジHQ 公式サイトへ

 

プラスキレイ・プラスナノHQ

 

アンプルールと同じく、シミやそばかすなどのピンポイント用に作られているハイドロキノンクリームです。

 

安定型ハイドロキノンを採用しているので、シミなどへの効果を実感しやすいのがポイント。

 

濃度は医薬品レベルにまで高められているので、顔全体に塗るのにはリスクが伴います。自分で濃度を調整したりなどの手間がかかってしまうのがデメリットですね。

 

 

ビーグレンのハイドロキノンが顔全体に塗るのにおすすめの理由

 

顔全体に使えるハイドロキノンとしてほどよい濃度・配合率になっている

 

「ハイドロキノンで肌のトーンを明るくしたいんだけど、どれを使えばいいのか分からない。」

 

顔全体用にハイドロキノンの使用を考えてはみても、どのハイドロキノンを使えばいいかよく分かりませんよね。ビーグレンのハイドロキノンクリームはそんな女性にピッタリ。

 

ハイドロキノンの濃度が1.9%と低刺激な処方になっています。効き目を感じつつも肌荒れがしにくいものに最適化されています。私がビーグレンのホワイトクリームを、顔全部への美白用におすすめする大きな理由がこれなんです。

 

ハイドロキノンが浸透するから顔全体に塗っても美白効果を感じやすい

 

ビーグレンの化粧品全般的にそうなんですが、有効成分がしっかり肌内部に入るような技術を採用しています。

 

ここではハイドロキノンなのですが、どんなに効果がある美白成分でも、メラニンの元に届かなければ意味がありません。

 

ビーグレンはそんな問題点をクリアしています。「QuSome」という、美容成分を極小のカプセルに閉じ込める技術を用いて作られているので、肌によく浸透して美白効果を発揮してくれます。

 

低価格なトライアルセットあり!ハイドロキノンを顔全体に使ってチェックができる

 

ビーグレンでは、自分の肌に合うか合わないかを確かめるために低価格なトライアルセットが用意されています。顔全体を美白するとなるとどうしても、自分の肌では肌荒れなどを起こすんじゃないか?という不安な気持ちがありますよね。

 

本体商品を先に購入してしまうと、高いお金を払ったのに自分の肌に合わなくて困った・・・という状況になりがちです。ビーグレンのホワイトクリームはは1800円(税抜き)で1週間分を試すことができます。

 

心配な人にとっては嬉しいサービスと言えますね^^

 

ビーグレンのトライアルはこちらから⇒

 

 

ハイドロキノンを顔全体に塗る効果

 

顔全体に使うにあたって心配の少ないハイドロキノンアイテムを説明していますが、具体的にハイドロキノンはどんな美白効果があるのか?他の美白化粧品とはどんな点で優れている成分なのか?これらについて掘り下げていきましょう。

 

ハイドロキノンを顔全体に塗る効果1 肌を白くする・透明感を出す

 

「ハイドロキノンっていっても、他の美白成分と同じで大した効果がないんじゃないの?」

 

確かに美白成分ってかなりの種類があります。中には効果がほとんど感じられない成分も多いです。

 

しかし、その中でもハイドロキノンは最も高い美白力がある成分なんです。

 

例えば美白効果が高いと言われているおなじみのビタミンC。ハイドロキノンは、そのビタミンCよりも約100倍も高い美白作用をもっています。

 

いろんな美白化粧品で効果を感じたことがないという女性は、ハイドロキノンなら実感できる理由がこれです。多くの美白化粧品が、肌が黒くなったりシミができるのを「予防する」もの。対して、ハイドロキノンは肌を白くするレベルにまで効果が高いです。

 

つまり、攻めの美白成分ということですね。顔全体に塗ることで、透明感を出したり肌のトーンを明るく、白く変化させることができます。

 

ハイドロキノンを顔全体に塗る効果2 小さいシミ・ソバカス、色素沈着をなくす

 

「今30代なんだけど、だんだん顔のシミが増えてきた・・・」
「昔からあるそばかすにもハイドロキノンは効果あるの?」

 

顔全体を美白する目的と同時に、ハイドロキノンはシミやそばかすを減らしたい、目立たなくしたい女性にもおすすめです。

 

上と同じく、シミ、そばかすの発生は肌内部にメラニンが増えて色素沈着してしまったのが原因です。肌をクリアにするよりも時間はかかってしまいますが、少しずつ効果を感じることができると思います。

 

肌も白くしたいけど、シミもなくしたい。こんな気持ちに応えてくれるのがハイドロキノンです。

 

ニキビ跡などの色素沈着にも美白効果絶大

 

シミソバカスだけでなく、ニキビができて治った跡にできるメラニンの色素沈着にもハイドロキノンは美白効果を発揮します。メカニズムはシミやそばかすなどと同じですが、特に、茶色や灰色になった色素沈着をキレイにすることができます。繰り返すニキビのせいでできた広い範囲の色素沈着に悩んでいる女性も、一度試してみる価値があります。

 

※赤いニキビ跡などは、対処方法が違うので効果は見込めません。

 

ハイドロキノンを顔全体に塗る効果3 黒いくすみに効果

 

年を重ねると、気になってくるのが「顔のくすみ」です。シミやニキビ跡のように、ポイントで色が濃いわけではないのですが、全体的に暗く見えてしまうのがくすんだ見た目の悩ましいところ。

 

ハイドロキノンはそんな黒っぽい見た目の印象もクリアにすることができます。くすみは主に鼻から目にかけて目立ちやすいです。くすみの原因も、メラニン色素の沈着にあります。シミやそばかすよりも、広い範囲に薄ーくメラニン色素が分散しているような状態です。

 

これに対しても、メラニンを還元する効果のあるハイドロキノンが有効に働いてくれます。シミやそばかす、色素沈着よりも効果が出るのは早いので、もっと早くに試せばよかった!という声も多いですね。

 

参考記事 [ハイドロキノンの顔全体の効果]小さなシミ・色素沈着・くすみも美白⇒

 

 

顔全体用のハイドロキノンはこちら⇒

 

 

【顔全体に使えるハイドロキノン美白】使い方のポイント

 

ハイドロキノンは1日に1回夜に塗る

 

ハイドロキノンですが、1日に塗る回数としては1回にしてください。時間帯は、日の沈んだ夜にするのがオススメです。なぜならハイドロキノンは紫外線に弱い成分だからです。夜に塗っておきた後、外出する場合には、軽くでもいいので水洗顔をし、表面に残ったハイドロキノンを落とすのを忘れないようにしましょう。

 

塗り過ぎない・何回塗っても効果は同じ

 

ハイドロキノンを1日に何回塗っても、効果はほとんど変わりません。期待して購入した最初の頃は、早く効果が出るんじゃないかと思ってつい何度も鏡を見て重ね塗りなどをしてしまいがちです。美白効果の高いハイドロキノンでも、毎日続けることが大切です。

 

ハイドロキノン+トレチノインの顔全体に使うのは避ける

 

「ハイドロキノンにトレチノインを加えると効果がすごく倍増するって聞いたんだけど?」
「ブログとかでもトレチノインの紹介をしている女性が多くて気になっている・・・」

 

トレチノインは、角質を剥がして細胞を新しくさせていくような強い作用がある成分です。ビタミンAの一種なのですが、ビタミンと聞くと安全そうなイメージを持ちますよね?しかし、むやみに使うと肌荒れや炎症なども同時に起こしてしまうものなので、顔全体へ使うことはおすすめできません。

 

トレチノインは濃いシミなどのスポットのみに使う

 

「トレチノインは美白効果を加速させるから、どうしても一度使ってみたい。」

 

こんな風に考えている人は、濃いシミなどの部分にのみ塗ることでその効果を感じてみてください。副作用として皮剥けなどが発生する可能性も高いので、人となるべく会わない期間などに試してみるのがオススメです。また、狭い範囲ならば絆創膏などにも収まります。隠すことを気にしないなら、仕事や学校などの時間でも試すことはできます。

 

紫外線が出ている時間帯はハイドロキノンを塗るのはやめる

 

ハイドロキノンは、紫外線を浴びることで変質し、形を変えてしまいます。ハイドロキノンがそのままの状態なら刺激を与えることは少ないのですが、別の成分に変わってしまうことで肌への刺激性が増してしまいます。

 

ハイドロキノンを顔に塗った後は、紫外線を浴びないことがとても重要です。なので、どのハイドロキノン製品も夜間での使用を推奨しています。夜の仕事などで昼間どうしてもハイドロキノンを使いたい場合は、出来る限り部屋に入ってくる太陽の光をさえぎるようにしましょう。

 

特に、夏場などの紫外線は家の中に入ってくるものでも影響を及ぼしてしまいます。家の中にいるからといって、完全に安心してしまうのは禁物です。

 

関連記事  顔全体へのハイドロキノンの塗り方・使い方【単体使用でも効果大】

 

 

ハイドロキノンを顔全体に使った女性たちの美白ケアの口コミ

 

細かく広がったシミには副作用のないハイドロキノンを顔全体に

ハイドロキノンで全顔美白の体験談

ぱぴよんさん 33歳/女性

肌質:敏感肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価:★★★★☆

 

細かいシミが顔全体に目立ってきて、どうケアしたらいいか悩んでいました。美白用の化粧水をとりあえず使っておこうと思っていたのですがそれが勘違い。

 

化粧水だといっぱい使えるという気持ちがあったからです。それに化粧水なら副作用も気にならないという安心感もありました。

 

でも、「化粧水をいっぱい使う=効果の高い成分がちゃんと肌に届く」ではないんですね。さらに、化粧水といえど自分の肌に合っていない成分が入っていれば結局のところ肌荒れしてしまいます。

 

ビーグレンのハイドロキノン美容クリームを使ってからは、副作用を感じることなくシミケアができるようになりとても助かっています。

 

寝る前のだいたい3時間前くらいに必ずビーグレンのホワイトクリームを薄く塗り延ばして、毎日1ヶ月使用していたのですが、目立つサイズのシミが明らかに小さくなりました。

 

その他の細々としたシミも、今では鏡を間近に近づけないと分からないほどです。顔の色のトーンも明るくなったので、これは間違いなくハイドロキノンクリームの効果ですね。

 

使用感もべたつかないので、無理なく使えるところもポイントが高いです!^^

 

美容ブログで気になっていたハイドロキノンを顔全体に塗ってみました

ハイドロキノンで全顔美白の体験談

rokoさん 31歳/女性

肌質:乾燥肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価:★★★★☆

 

美容ブロガーさんがオススメしていたのがハイドロキノンです。どうしても肌が地黒なのですが、紫外線対策などをしっかりしても肌を白くすることはできませんでした。

 

少しだけ色白になった??という気がする程度まではあったのですが、周りから見て分かるほどではなかったです。

 

ビーグレンのホワイトクリームは、ハイドロキノンの中でも顔全体に使っている女性も多いです。冬場で紫外線の弱い時期を選んで1ヶ月半ほど塗って見たのですが、スマホで取った写真で比べてみたところ、前よりも肌が白くなっています。光の当たり具合や取った箇所、角度などの条件も一緒にしているので、確実に効果が表れているのが分かりました。

 

「色黒の人は、素肌を白くするのは無理だよ・・・」なんて気持ちでいたのですが、諦めないでよかったです(*^。^*)

 

敏感肌でハイドロキノンでの顔全体に塗って美白するのは抵抗がありました。

ハイドロキノンで全顔美白の体験談

矢崎さん 40歳/女性

肌質:敏感肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価:★★★☆☆

 

化粧品でよく肌トラブルを起こしてしまう敏感肌なのですが、ハイドロキノンで美白することができました。肌に刺激が強いハイドロキノンと聞いていたので、最初は少しずつ塗ってみたのですが、心配だったニキビや炎症などのトラブルはなし。今では顔全体に塗ってもほぼ大丈夫です。

 

肝心の美白効果ですが、1ヶ月経って少しトーンが明るくなった気がします。継続して使い続けてみます。意外とコスパ面でも続けやすいアイテムです^^

 

ハイドロキノンで顔全体に塗るだけでなく首の黒ずみも美白できた

ハイドロキノンで全顔美白の体験談

りえこさん 43歳/女性

肌質:混合肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価:★★★★☆

 

首のケアって顔全体と比べると疎かにしがちです。私もそんな一人なんですが、服の摩擦やニキビ跡などの影響で首が黒ずんでいました。

 

そんな首の黒ずみを目立たなくするのと、顔の印象を明るくする目的でビーグレンのハイドロキノンを使い続けています。まだ完全にではないんですが、以前よりも首の黒ずみや色素沈着が弱まっているので少しずつではあるんですが、効果は出ているんだと思います。

 

 

韓国コスメよりもハイドロキノンでの全顔美白で少しずつ色白になれた

ハイドロキノンで全顔美白の体験談

南さん 38歳/女性

肌質:乾燥肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価:★★★★☆

 

韓国のキレイな女性って、なんで肌があんなに白いんだろう??という思いから美白化粧品にいろいろ手を出してきたのですが、韓国コスメを使ってもハッキリとした色白肌になることはできませんでした。普段食べているものとか、遺伝的なものとかがあるので、化粧品だけのせいではないと思うんですが・・。

 

さて、ハイドロキノンについてですが、効果が高いと知ってはいつつも、シミなどの濃く変色してしまった部分に使うものだという先入観もあって、美白用には考えていませんでした。ただ40歳前になってくるとどうしても肌全体に、いつの間にかできた小さなシミやら、くすみやらが気になってきてしまいます・・・年には勝てない・・・(泣) (/_;)

 

そんな中でもう少し肌の美白に力を入れてみようと購入してみたのが、ビーグレンのハイドロキノンです。何でも浸透率がすごいので刺激が弱いのに効果が高いという評判でしたから。わたし自身は乾燥肌だったので、保湿をしっかりしつつも、ハイドロキノンを寝る前に全顔にうっすらと塗り込んでいきました。

 

ダメ元な気持ちはあったのですが、続けること1ヶ月ちょっとで、目立ってきたシミがだんだんと分からないレベルにまで小さくなってきたんです。顔全体の色も前よりも明るくなったような気がしています。

 

刺激が心配というのもあると思うんですが、美白で早くに結果を感じたい人はハイドロキノンを一度続けてみる価値はありそうですよ(*^。^*)

 

ハイドロキノンなら芸能人の北川景子さんみたいな色白肌になれるかもしれない。

ハイドロキノンで全顔美白の体験談

riaさん 28歳/女性

肌質:敏感肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価:★★★★★

 

期待を込めての★5つの評価です。芸能人の北川景子さんみたいな、白くて透き通るような透明感のある肌に憧れています。シミなどはまだないんですが、紫外線を浴びているダメージは着実に残ってきていると思うので、今から美白効果の高いハイドロを試しています。

 

肌が本来、敏感肌なのでどうかなと思っていたのですが、ビーグレンのホワイトクリームは低刺激だから安心です♪

 

実際に3ヶ月使っていますが、刺激が出て炎症したことなどはありませんでした。ハイドロキノンが低い濃度に抑えられているんだけど、しっかり浸透して美白効果が出る優れモノですよ。

 

使用感も悪くないので、本気の美白をしたい女性にはいいと思います!

 

顔全体の黄くすみが目立たなった!肌が明るくなるハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンで全顔美白の体験談

haminnguさん 40歳/女性

肌質:混合肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価:★★★★☆

 

頬から鼻、目の周りを中心に黄色くくすんだような肌の状態が気になっていて、ハイドロキノンを頼ってみました。とはいえ、広い範囲にハイドロキノンが塗れるのかという心配もあり、低刺激なアイテムを探していたところ、ビーグレンのホワイトクリームを選びました。

 

ハイドロキノン単品での効果を知りたかったので、洗顔を終えていつも使っている化粧水を塗り、その後クリームを全体に薄くのばすように塗り込んできました。クリームの白色が残らなくなる程度で塗っていたのですが、2ヶ月経たないうちに明らかに黄くすみが目立たないようになってきたのです。

 

くすみが取れると、肌の印象がとっってもクリアになります!美白効果を早く感じたいならハイドロキノンでのケアが一番だと分かりました。

 

ピーリングとかビタミンCは地黒肌に効果なし。ハイドロキノン&低刺激なクリームなら顔全体美白できる

ハイドロキノンで全顔美白の体験談

さやかさん 34歳/女性

肌質:敏感肌
評価:★★★★☆

 

ピーリング石鹸を1週間に1度。さらにビタミンC美容液を毎日使っていたのですが、地黒の肌はなかなか白くなってくれませんでした。これ以上黒くなることもなかったのですが、現状維持が限界・・・。

 

ハイドロキノンは、皮向けしたり炎症、肌荒れが怖かったので避けていたのですが、顔全体用にも使える低刺激なものを選んだところ、少しずつ肌の色が白くなってきました。

 

いきなり変化が現れるということはないのですが、2ヶ月間は最低様子を見てみるのがいいと思います。ただし、ハイドロキノンは紫外線に弱いので、昼間に出かける前などに塗るのはおすすめできませんので、その点は注意が必要ですね〜。私の場合ですが、夜寝る前の2〜3時間くらいに顔全体に塗って、翌朝水洗顔というサイクルを繰り返していました。ご参考まで♪

 

安い海外のトレチノイン&ハイドロキノンで失敗。低刺激なハイドロキノン単体でも効果があった

ハイドロキノンで全顔美白の体験談

まみさん 39歳/女性

肌質:敏感肌
使用した化粧品:ビーグレン・ホワイトクリーム
評価:★★★★☆

 

海外製のトレチノインとハイドロキノンはとても安いのですが、肌荒れや炎症がものすごいです。わたしはそれで失敗して、シミをなくしたかったのに、逆に肌荒れが治まったあとの色素沈着が増えてしまいました。

 

小さなシミと色素沈着が目の下から頬、フェイスラインにかけて目だっていたので、低刺激だと言われていたハイドロキノンクリームのビーグレンを懲りずに試してみました。使い初めて1ヶ月半程度でシミが少し減っていることに気が付きました。副作用なしでここまで手ごたえがある美白クリームははじめてでしたね。

 

シミの無い箇所の、おでこやほほ、フェイスラインなどにも少しずつ範囲を広げていって半年ほど使っていますが、以前より明らかに顔全体のトーンが明るく、白く変わりました。1年ぶりに合う友達とかに、「お肌どんなスキンケアしたら色白になれるの?」という言葉ももらいました。第3者がみての感想なので、確実に効果は出ているんだと思います。

 

私は敏感肌なんですが、ビーグレンのホワイトクリームで刺激を感じたことはないですね。肌荒れやニキビなどの発生もなし。

 

ホワイトクリーム以外にも、化粧水やクレイウォッシュなどの使用感も気にいっているので、美白ケアならこの組み合わせは外せません!^^

 

 

顔全体美白に最適!

高い美白力のあるハイドロキノンはこちら⇒

 

ハイドロキノンの顔全体使用での副作用

 

海外製の高濃度ハイドロキノンは単体でも副作用が強い!顔全体美白に向かない

 

海外製の高い濃度のハイドロキノン(医薬品)を手に入れやすくなりました。インターネットで、個人輸入代行などを使用すれば、時間はかかるものの海外のハイドロキノンを手に入れることはできます。

 

しかし、顔全体を美白する目的でそれを使ってしまうのは危険です。シミなどのスポットケアならばいいのですが、肌が荒れたり赤く炎症したり、色が白く抜けてしまうなどのリスクがあるんです。

 

顔全体美白をするなら、低濃度で肌に刺激のないタイプのハイドロキノンクリームを用いるのがおすすめです。

 

ハイドロキノンは太陽の強い紫外線に弱い

 

ハイドロキノン+トレチノインで赤み・肌荒れが顔全体に

 

 

関連記事 [顔全体にハイドロキノン]副作用が強いトレチノイン、高濃度ハイドロキノン、モノベンゾン ⇒

 

 

【顔全体美白用のハイドロキノン】続けやすいアイテムの選び方。

 

ハイドロキノンクリーム単体でも顔全体への美白効果があるもの

 

ハイドロキノンは美白効果が高い成分なのです。顔全体用として利用するのであれば、そのクリーム単体でも美白効果が得られるものを選びましょう。

 

その理由は、他にもさまざまな成分が必要になってくるようなものを選んでしまうと、コスパ面で続けていくのが難しくなってくるからです。

 

せっかく効果のあるものを使って美白美人に近づいているのに、お金の問題で断念せざるを得なくなってしまうのはもったいないですよね。

 

また、日々のスキンケアをするのに手間が増えてしまうというのも問題です。今のスキンケアに、ひとつのアイテムを取り入れるという方法であれば、続けていいきやすいです。

 

使い方が簡単なスキンケア用のハイドロキノン

 

顔全体に塗るとなると、伸びが良かったり、肌に塗った時の質感がいいものを選ばないといけません。医薬品などの軟膏だと、ベタベタとした不快感があったり、化粧水や乳液などとの相性が悪いなどの問題が出てきてしまいます。

 

化粧品メーカーが作っているもので、日々のスキンケアに使いやすいものを取り入れれば違和感なく毎日継続することができると思います。また、間違っても安いからといって、海外の高濃度ハイドロキノンを購入して自分で調整することなどは避けた方がいいでしょう。

 

顔全体美白にハイドロキノン

 

わたし自身も実際に顔全体のトーンを明るくして、透明感を出すためにいろいろな美白化粧品に手を出してきました・・。

 

その中でも、一番効果のあったのがハイドロキノンクリームでした。今では「前よりも色白になった!」といわれる機会が多くなりましたし、細かいシミやニキビの跡なども無くなりました。

 

そんなハイドロキノンについて、

 

「なぜハイドロキノンがいいのか?」
「どんなハイドロキノンアイテムを選んだらいいのか?」
「ハイドキノン美白って実際の評判はどうなのか?」

 

などのテーマについて書いています。ぜひ参考にしてください。

 

そして、美白の近道をしたい女性は、肌に優しくて効果の高いハイドロキノンを試してみてください。